第14回 雅楽ってなあに?

雅楽の豆知識コーナー
第14回 雅楽ってなあに?
【龍笛りゅうてき】雅楽で用います楽器!
平安時代には貴族のたしなみとされ、素材は女竹(めだけ)で、管の内側は漆(うるし)で仕上げ、外側は樺巻(かばまき)が施されている。指孔(穴)は7つ。
価格としては、10万円~50万円(本管)、プラスチック管は5000円程度。
雅楽では、龍笛(りゅうてき)のほか、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)を三管と呼びます。
「京の五条の橋の上 大のおとこの弁慶は 長いなぎなたふりあげて 牛若めがけて切りかかる」
源義経(牛若丸)も龍笛を愛用していた話もある・・・

関連記事

おすすめ記事

  • 2018.4.1

    県政150周年記念講演の開催

    県政150周年記念講演の為、兵庫県公館 大会議室で(一財)日本雅楽協会による雅楽…

  • 2018.9.4

    生田神社秋祭

    平成30年9月23日(日)19:00より生田神社境内にて生田神社秋祭、生田雅楽定…

  • 2019.1.28

    第五回雅楽公演の様子

    第五回雅楽公演の画像をアップいたしました。 ぜひご覧ください。 [fooga…

Twitterでフォロー

ページ上部へ戻る