第15回 雅楽ってなあに?

雅楽の豆知識コーナー
第15回 雅楽ってなあに?
日本の楽器「横笛よこぶえ」について 
その① 「能管のうかん」能楽で使用!
雅楽の龍笛と大変よく似た楽器で
材質は同じく竹、長さは同等、太さはやや細め、重さは少し軽い、
管の中に「のど」という仕掛けあり、調律はされていない!
価格は龍笛とほぼ同額で、10万円~50万円(本管)、プラスチック管は5000円程度。
外側の樺巻と指孔(穴)も7つも大変似ています。
能楽演奏で用いる楽器として、
「能管のうかん」「太鼓たいこ」「大鼓おおつづみ」「小鼓こつづみ」の4種で演奏。演目によって、小鼓が増えたり、太鼓が無い場合もあります。

関連記事

おすすめ記事

  • 2019.9.13

    明石城築城400年記念

    明石城築城400周年記念 「明石城雅楽フェス」 令和元年10月6日 日曜…

  • 2018.7.11

    神戸ポートターミナルで演奏会

    平成30年7月10日(火)日本の伝統芸能「雅楽」の魅力を世界に。一般財団法人日本…

  • 2019.2.5

    雅楽体験教室

    平成31年2月3日 日曜日に「雅楽体験教室」加西市で開催いたしました。 多数の…

Twitterでフォロー

ページ上部へ戻る