第17回 雅楽ってなあに?

雅楽の豆知識コーナー
第17回 雅楽ってなあに?
【篳篥ひちりき】雅楽で用います楽器!
篳篥の材質は竹でつくられています。
また、竹に漆(うるし)が施されており、指孔(穴)は7つ!
長さは龍笛に比べて短く、約20センチで、重さも軽い!
本管は数万円から20万するものも!
樹脂製のプラスチック管は5000円程度!
音を出す部分は葦(あし)で作ったリードが使われており、取りはずしができるようになっています。
雅楽では、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、笙(しょう)を三管と呼びます。

関連記事

おすすめ記事

  • 2023.1.1

    新年のご挨拶

    新年、おめでとうございます。 平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。 …

  • 2019.9.13

    明石城築城400年記念

    明石城築城400周年記念 「明石城雅楽フェス」 令和元年10月6日 日曜…

  • 2019.1.17

    博雅会 雅楽大阪公演

    平成31年1月23日(水)18:00より大阪市立安倍野区民センターホールにて…

Twitterでフォロー

ページ上部へ戻る