第17回 雅楽ってなあに?

雅楽の豆知識コーナー
第17回 雅楽ってなあに?
【篳篥ひちりき】雅楽で用います楽器!
篳篥の材質は竹でつくられています。
また、竹に漆(うるし)が施されており、指孔(穴)は7つ!
長さは龍笛に比べて短く、約20センチで、重さも軽い!
本管は数万円から20万するものも!
樹脂製のプラスチック管は5000円程度!
音を出す部分は葦(あし)で作ったリードが使われており、取りはずしができるようになっています。
雅楽では、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、笙(しょう)を三管と呼びます。

関連記事

おすすめ記事

  • 2020.12.1

    第八回雅楽公演 公演のお知らせ

    第八回雅楽公演 公演のお知らせ 特別編~祈りを込めて~「疫病退散・繁栄祈願」 …

  • 2019.10.5

    神戸 旧居留地 雅楽演奏

    神戸 旧居留地 明海ビル1階広場にてたくさんの方々に雅楽と神楽をご覧いただきまし…

  • 2019.2.5

    雅楽体験教室

    平成31年2月3日 日曜日に「雅楽体験教室」加西市で開催いたしました。 多数の…

Twitterでフォロー

ページ上部へ戻る